知っ得!メリットとベネフィットの違いとは?

メリット ベネフィット

 

前回からの続きです。

読者が思わずクリックしてしまうタイトルの付け方について
お話をしています。

基本的には、

1.興味を引くもの
2.自分にメリットがあると感じるもの

というようなタイトルであれば読者はクリックしてくれやすいはずです。
前回は

1.興味を引くもの

についてお話しましたので、今回は続けて、

2.自分にメリットがあると感じるもの

についてお話をしておきたいと思います。

 

メリットとベネフィット

さて、まず最初にお話しておきたいのが
メリットとベネフィットの違いについてです。

・メリット   → 利点
・ベネフィット → 利益

とまあ、普通はこんな感じの意味で使われるわけですが、
いまいち分かりにくいですよね。

というわけなので、
何か実際の商品を売り出すというイメージでこの違いを考えてみます。

さて、何を売りましょうか?

そうですね・・・

じゃあ「ドラえもん」を売りに出しましょう(笑)

あー、ドラえもんと言ってもぬいぐるみとかではなく、
正真正銘のドラえもんをあなたが開発したという前提です。

まぁドラえもんほどの商品であれば、
広告を出すだけで飛ぶように売れると思うんですが、

これまでドラえもんってものを見たことも聞いたことも無いって人にも
売れるような感じの人に向けて記事を書くとします。

 

で、あなたは次のようなタイトルをつけました。

「ついに登場、ドラえもん!役立つアイテム満載の四次元ポケット付き!」
(32文字)

まぁいろいろ突っ込みどころはあるんですが、
これって先ほどのメリットとベネフィットだと
どちらを押したタイトルか分かりますか?

これはズバリ「メリット」の方ですね。

この例でいえば、
ドラえもんを購入することで、役立つアイテム満載の四次元ポケットが付いてくる
っていうことが、購入者にとってのメリットなわけです。

まぁこのメリットが無ければきっと誰も買いませんよね。
だって四次元ポケット無しのドラえもん単品なんていらないでしょう(笑)

 

さて・・・

ドラえもんを買うことのメリットを押し出したタイトルはつけてみましたが、
じゃあこれをメリットではなく、ベネフィットにするとどうなるか?

例えばですが、

「何一つ悩みの無い生活をあなたに!猫型ロボット『ドラえもん』」
(29文字)

って感じでしょうか(笑)

ドラえもんを購入し、困ったときはそのたびに四次元ポケットから
最適なアイテムを出してもらうことで、悩みが全部なくなってしまう

ってのが、購入者の得る利益、つまりベネフィットになるわけですね。

 

さて、ではもしあなたが読者なら、
このメリットの入ったタイトルと、べネフィットが入ったタイトルだったら
どちらの方をクリックしてみたいですか?

 

当然、ベネフィット・・・

 

なんて、教科書どおりの回答では面白くありません。(笑)

 

普通に考えて、確かにベネフィットを押し出した方が
なんかこう心を掴むような感じでクリック率は高そうに思えます。

でもメリットを押したタイトルでもクリックしたくなる人っているはずなんです。

先ほどのメリット含みのタイトルを見て、

「え、四次元ポケットが付いてくんの?それ欲しい!」

みたいに。
実際のところ、これは正直読者さん次第なんですね。

だから理想を言えば、メリットもベネフィットもどっちも使えば良いわけなんですよ。

 

メリットもベネフィットもどちらも使う方法

どっちも使うと言っても、ひとつのタイトルに両方入れるってことではありません。
無理やり両方入れようとすると、だらしなく長いタイトルになってしまうので。
なので、別々のタイトルを作ります。

そしてメリットが他にもたくさんあって、
他にもいろいろタイトル作れそうなら、それも作ってしまいます。

で、どうするか?

たくさん作れたタイトルの中で、
一番読者に受けそうなタイトルをブログのタイトルにしてしまうんです。
そして残りを記事のタイトルにしてしまいます。

こうすれば、メリットが入ったタイトルも、
ベネフィットが入ったタイトルも無駄なく使うことができますよね。
(*すべて使えるとは限りませんが。)

まあ最初のうちは、
上記のような感じでたくさんさんのタイトル候補を作ってみて、
その中から選ぶというやり方がオススメです。

そうやって数作っているうちに、
ヒットしそうなタイトルを作る勘も養われてきますので。

 

ベネフィットの4階層

さて、ここまでメリットとベネフィットという話をしたきたんですが、
海外の有名なコピーライターがこのベネフィットというのを4階層に分類をしています。

それがすごく役に立つ考え方なので、ここで紹介しますね。
4階層とは、

1.Features
2.Advantages
3.Motives
4.Benefits

というものです。日本語に訳すと、

1.特徴
2.利点
3.動機
4.利益

となります。うーん、3が何か微妙。。

というわけで、ここからこれらを1つずつ解説しますね。

 

1.Features(特徴)

その商品がどんな特徴を持っているのかって言うことです。

しつこくドラえもんの例を出しますが、

「ドラえもんは四次元ポケットを持っている。」

これがFeaturesです。

 

2.Advantages(利点)

その特徴によりどうなるのか?何ができるのか?ということです。
ですから、

「四次元ポケットから悩みや困ったことに応じたアイテムを取り出せる」

ってのがAdvantages。

 

3.Motives (動機?)

その特徴によりどんな満足を得られるのか?ということです。

「どこでもドアで、すぐに好きな場所に行け、
         もしもボックスで、何か失敗してもやり直せる(笑)」

とかっていうのがMotives。

 

4.Benefits(利益)

で、これらはどんな意味を持つのか?何をもたらすのか?ということ。

「何一つ悩みの無い生活をおくれるようになる!」

っていうのがBenefits。

 

という4階層です。
この1から4に向かって、どんどん【利】が深くなっているイメージですね。

こういう各階層に沿って、自分が売ろうとしている商品を細かく分析していくと、
その商品の本来の利点や、そこから得られる利益などが浮き彫りになるわけです。

また、そうしておくことで、
記事の中で商品を紹介するときにも説得力が出ますしね。

 

以上、今回はメリット・ベネフィットというものを中心に話をしてきました。

この商品を買うことによって相手が得られるメリットやベネフィットを
うまくタイトルに入れ込むことで、
クリックしてくれる可能性が高まります。

そしてこれらを応用することで、
さらにクリック率を高めるタイトルにしていくことも可能なんです。

そのあたりについてはまた次回お話したいと思いますので
楽しみにしておいてください。

 

p.s   “Motives” の日本語訳、何かいいの知ってたら教えてください。

 

ブログランキング