ライバルの多いありふれたキーワードしか思い浮かばない人でも激売れレアキーワードが火山のように噴出する脳になれる3つの●●●~

magnifying-glass-68207_1280 (1)

 

今回ご紹介するのは、小雪さんという方の

 

『★小雪★ ライバルの多いありふれたキー
ワードしか思い浮かばない人でも激売れレア
キーワードが火山のように噴出する脳になれ
る3つの●●●~売れるキーワードが思いつ
きすぎて眠れなくなる恐れがあるので体調の
悪い方は注意してお読み下さい~』

 

という無料レポートです。

 

すごくタイトルが長いレポートですが、でも
このレポートタイトルのつけ方だけでも参考
にすることができますね。

 

無料レポートがダウンロードされる数は、
そのタイトルの質に比例しますから。

 

今回のレポートではこの3つの●●●
というのが、気になるところです。

 

さて、レポートの中では、チビ雪ちゃん、石
頭固造君という2人のキャラクターが登場し
ストーリーっぽく話が進んでいきます。

 

そして、これがとっても読みやすい。

 

キャラの味が出ているっていうのもあると
思いますが、ただ説明的な文字でダラダラ
書かれているだけのレポートと比べても、
とても親しみが持てて、何よりすーっと頭に
入ってくる感じがしますね。

 

適度に挿絵も入っていて、読んでいて全く疲
れないです。

 

こういうのを自分の作るアフィリサイトに応
用できれば・・・

 

そんなことを考えながら読んでみてもいい
レポートなんではないでしょうか?

 

まずこのレポートに登場してくる2人のキャ
ラ(チビ雪&石頭固造君)は世の一般的な
アフィリエイターを象徴したイメージキャラ
になっています。

 

・キーワード探しに何時間もかける。
・月間検索数の多いキーワードを選ぶ。
・被リンクが多くないと勝てない。

 

など。

 

そういうところから一度脱却して考えてみま
しょうというのが、このレポートの主旨にあ
たります。

 

レポートの中では、これから石頭くんがアフ
ィリエイトしようとしている商品、具体的に
はギター上達の商材を使って、実際にキーワ
ードを探していく流れが解説されています。

 

流れについては、著者の小雪さんが先生とし
ていろいろ手順を示していく感じですね。

 

小雪さんからの最初の指示は、

 

「●●を良く読む。」

 

っていうこと。フェレットとかのキーワード
ツールをいきなり使わないって話が展開され
ています。

 

そんなことばかりやってるから、

 

【売れないアフィリエイター脳】

 

になってしまうと。

 

ここはすごく共感できます。
売れないアフィリエイターたち共通するのが
間違った“視点”です。

 

そこを改めないと、売れるキーワードを見つ
けることだけではなく、売れるサイトを作る
ことなんて絶対にできません。

 

そのあたりについて鋭く突っ込んでくれてい
るのもこのレポートの特徴ですね。

 

売れるアフィリエイターの視点について具体
的に例をあげて解説してくれているので、

 

【売れるアフィリエイター脳】

 

をインストールするためには、読んでおいて
決して損はないレポートだと思います。

 

さて、キーワード選定の話に戻りますが、
最初の指示内容を受けて、●●を考えられる
ようになったらところで、とりあえずは第一
段階を突破。

 

そして、●●がわかるようになったら、そこ
を更に深堀して、購入する側の■■や▲▲を
考えてみるようにと小雪さんのアドバイスが
続きます。ここまでが第二段階。

(※伏字の内容ははレポートを読んで確認してください。)

 

ここで小雪さんから、

 

「あなたは下手な鉄砲を打つプロになりたいの?」

 

という投げかけがされています。

 

キーワード選定って話になると、関連キーワ
ードを根こそぎかき集めて、ロングテール含
めた「下手な鉄砲方式」を推奨している人も
存在します。

 

ただ、小雪さんはここに警笛を鳴らしている
わけですね。

 

これに関しても自分は同感で、そんなやり方
では本当のキーワード選定能力は身に着かな
いと思っています。

 

仮にロングテールだとしても、それが狙った
ものなのか単なる偶然なのか。

 

この違いってとても大きいはずです。このあ
たりを正しく意識できるようになると、記事
のクオリティも変わってきますからね。

 

ちょっと話がそれましたが、レポートの中身
に戻ります。

 

第二段階をクリアしたところで、

 

「この商品をどう売りたいかじゃなくて、

●●●からもっとちゃんと考える」

 

ってことを言われています。こうすることで
これまで見えなかったキーワードが見えてく
るようになります。

 

実際にこのレポートで書かれている流れで
キーワードを考えることは、

 

『頭を使う』

 

結果となります。

 

でもそれが、ツールを使った機械的なキーワ
ード選びと大きく違うものになるというのは
簡単に予測ができますよね。

 

この差、つまり頭を使った時間の差だけ、
キーワードに深みが生まれます。

 

そしてそのキーワードは人間味を持った生き
たキーワードになるわけです。

 

もちろんそうやって苦労して生み出したキー
ワード全てがアクセスを呼び、収益につなが
るキーワードになるとは限りませんが、少な
くともその家庭で頭を使った経験は、今後の
記事作成の際に役立つ糧になるはずです。

 

ぜひそういうキーワード選定のポイントを、
小雪さんのレポートから学んでみてください。

 

無料レポートのダウンロードはこちら↓から
『★小雪★ ライバルの多いありふれたキー
ワードしか思い浮かばない人でも激売れレア
キーワードが火山のように噴出する脳になれ
る3つの●●●~売れるキーワードが思いつ
きすぎて眠れなくなる恐れがあるので体調の
悪い方は注意してお読み下さい~』

 

 

lst_a02_25_25_bl1クリックいただけるとうれしいです。
記事を更新する活力になります!

ブログランキング