緊急性がない客に対する2つのアプローチ方法

 

shopping-cart-402758_1280

 

今回は

 

商品が売れるペラページにするためのターゲット&売り方基本4戦略

 

でお話した、

 

『うずうず客』に対するアプローチ方法を
考えていきたいと思います。

 

復習ついでに書いておくと『うずうず客』
とは、そこまで緊急性はないけど、悩みを
抱えていて、いつかは解決したいなと思って
いる客のことを指します。

 

そんなお客さんが現在興味があるのが、

 

1.商品
2.情報提供

 

このうちのどちらなのかによって、サイトの
構成が変わってくるというわけですね。

 

今回はその2種のサイト構成についての話を
していきたいと思います。

 

1.うずうず客に商品を売る場合

 

うずうず客に商品を売る場合にまず大事なの
は、アフィリエイトしようとしている商品が
そのお客さんに合っていると認識してもらう
ことになります。

 

当然この商品に興味があってアクセスをして
きているお客さんではありますが、ただまだ
それを買うと決めているわけでもなく、場合
によっては他の商品と比較している可能性も
あります。

 

ですからまずは、

 

「この商品こそ、あなたにふさわしいのですよ。」

 

ということを明確に伝えてあげる必要がある
というわけです。

 

単純な流れで言うなら、

 

「こんな悩みを持っている人(=訪問者)な
ら、この商品が最もオススメです。なぜなら・・・

 

という感じですね。

 

まず記事の冒頭で訪問者をしっかり捕まえる
ことが必要です。

 

そこで大事なのは『共感』すること。

 

「こんなことで困っていませんか?」
「こんなことでお悩みですよね?」
「こうなりたいと思っていませんか?」

 

など、簡単なキャッチコピーのようなものが
あれば、よりスーッと文章に入っていきやす
いと思います。

 

もちろん、そこに書かれた内容が訪問者の
共感を呼ばなければ記事の続きは読まれませ
んから、どんな人をターゲットにした記事に
するのかは最初の段階で決めておく必要はあります。

 

そして共感によって、記事の中身に興味を
もって貰えたら、その悩みを解決するために
ベストな商品が、あなたが今紹介している商
品であるとはっきり伝えます。

 

そして、その理由も添えていくのです。

 

理由については、販売サイトを参考にしなが
ら自分なりにまとめあげていけばいいと思います。

 

 

ちなみにですが、ここからの戦略は、2つに
大きく分かれます。

 

その2つとは、

 

1、自分のサイトで買う気にさせる。
2.販売サイトにさっさと誘導する。

 

です。

 

当然1の方が難易度は高くなります。ただし
販売サイトに顧客が移ってからの購入率も
当然高くなります。

 

対して2の方は、販売サイトのセールス力に
一任する形となります。

 

この場合は、強烈なセールスサイトを持って
いる商品であれば、さっさとそっちに誘導し
てしまった方が売れやすいということもあります。

 

どちらがベストか?

 

これははっきり言うと、売りたい商品のセー
ルスサイト次第なんです。

 

セールスサイトが弱いと、いくら誘導しても
成約にはつながりにくいです。

 

ですから、セールスサイト誘導までの間に、
ある程度買う気にさせておく必要がでてくる
わけですね。

 

当然その場合は、それ相応のコピーライティ
ングの力も必要です。

 

(※アフィリエイトに通用するコピーライテ
ィング力を【無料】で磨きたい人はこちら!)

 

そうやって自分で売り込んでいく自信がない
ようであれば、強いセールスサイトを持った
商品を最初から紹介するように心がけなけれ
ばならないですね。

 

強いセールスページを持った商品かどうかは
自分でそのページを見て、『買いたい!』と
思えるかどうかで判断すればいいと思います。

 

そのページを読んでも、ちっとも欲しくなら
ないし魅力も伝わってこないというページで
売られているものは、いくらこちらから誘導
しても売れませんから。

 

とにかく、そういった商品のセールスページ
の力も加味しながら、

 

1、自分のサイトで買う気にさせる。
2.販売サイトにさっさと誘導する。

 

これらを選択していくというのが、うずうず
客に商品を売る場合の考え方ということになります。

 

2.うずうず客に情報を提供する場合

 

特定の商品が欲しいのではなく、とにかく
その悩みを解決するための情報が欲しいと思
っている客に対するアプローチの話です。

 

基本的に入り方は、商品を提供する場合と同
です。

 

このサイトに、悩みを解決するための方法が
書かれているんじゃないかと期待させるため
にも、共感を呼ぶキャッチで引き込みます。

 

そこからは、さまざまな情報提供をしていく
わけですが、ここの流れは基本的に、前回お
話した

 

『今すぐ客』

 

と同じでOKです。つまり、

 

1.マイナスからプラスへ
2.プラスからもっとプラスへ

 

この2つの伝え方を使うということですね。
ここについては、すでに解説済みなので

 

今すぐ客を確実に攻略するサイト構成イメージ

 

を参考にしてください。

 

ただここで『今すぐ』客と違うところも意識
しておかなければなりません。

 

それは当然ながら、

 

「緊急性がないこと」

 

です。

 

そこまで急いでいないので、今すぐ買う必要
性も感じていないのが、この層のお客。

 

ですから、情報提供をした上でそのまま商品
リンクに誘導しても購入率はさほど高くない
はずです。

 

そのため、このうずうず層の人たちにはもう
ワンクッション置いて、今すぐ客になっても
らようなアプローチも加えておく必要があります。

 

ここが非常に難しいところなのですが、ただ
うまくいけば成約率もグンとアップするとこ
ろなんですね。

 

 

『じゃあどうすれば、うずうず客を今すぐ客に
変えることができるのか?』

 

 

その答えとなるアプローチ方法について
次回の記事で解説をしたいと思います。

 
lst_a02_25_25_bl1クリックいただけるとうれしいです。
記事を更新する活力になります!

ブログランキング